よくあるご質問

よくあるご質問 一覧

 
ペットの供養は何故しないといけないのですか?

動物達は仏に手を合わせたり、経を唱えたり、修行をすることが出来ません。自力で成仏は不可能です。施主様は布施など善根を積み、神仏に手を合わせ、お参りや読経をしたりして、自分の中に「徳」というものを沢山もっておられます。

その徳を愛情で包んで手向けることによって、ペット達は成仏するのです。仏に成ったことを心で観じ、そして供養を続けることによって、最愛のペット亡くした悲しみから救われることができます

 
犬や猫以外の動物でも供養して頂けますか?

犬や猫のほかに、兎や、鳥や、ハムスター、モモンガ、など色々な動物がいます。最近ではハリネズミやフクロウなども珍しいペットも来られます。動物の種類ではなく、愛情にあふれ、心を通わせ、共に楽しく過してきたものはすべて家族です。

供養をして成仏すれば立派な仏となり、来世は人となって蘇り、再び会うことが出来ます。

 
火葬後、お骨はちゃんと残りますか?

火葬は公の人間の火葬場で行いますが、そこにペット用の炉あり、私どもの僧侶が炉前供養を行い、火葬後は拾骨して参ります。

ご遺骨をきれいに整理して還骨供養のあと供養塚へ納めるか、初七日まで本尊の前で供養して、ご自身の手で骨壺入れ骨袋に納め、初七日の法要の後お持ち帰りになるか、永代供養としてお骨壇に安置します。

 
納棺時、思い出の品を入れることは出来ますか?

お棺の中に、花一輪という方もいますが、好きだった様々な食べ物や果物、大切にしていたぬいぐるみやボール、沢山のお洋服、お棺を埋め尽くすほどのお花、量はまちまちですが、家族からの手紙や、写真など燃える物なら何でも大丈夫です。

ただし、大量のプラスチックや化学繊維は高熱を出しますのでお骨が黒くなったり燃えてしまったりしますので、入れない方が良いです。